長崎原爆平和祈念「第13回 詩の夕べ」
期日
2007年 8月10日(金曜日)
午後6時〜午後8時


場所
長崎原爆資料館ホール

長崎市平野町7-8 電話:095-844-1231

☆伊藤前長崎市長への追悼と黙祷(本村俊弘) 

第1部:山田かん・原民喜・犬塚昭夫の詩(物故者)

第2部:現代詩・短歌・弾き語り
  表現者
見目 誠(兵庫県)
中原 豊(山口県)
ヤマサキユズル(長崎市)
山田和子(諫早市)
原田幸子(長崎市)
岡野雄一(長崎市)
河野洋子(長崎市)
本村俊弘(埼玉県) 他。
今年は山田かん氏の詩が見目誠氏によってフランス語に訳され、朗読されます。私たちが被った災禍と平和への願いが、世界に伝えられることは希望となります。原爆は肉体のみならず言葉をも抹殺したのです。被爆が風化する今、詩は反核の力になるものです。鎮魂と反原爆と平和都市長崎の実現に向けて、微力ながら詩を通して社会参加したいと思います。本村俊弘